ダンロップのゼクシオは初心者で打ちやすい設計で簡単に飛距離が伸ばせる

ダンロップのゼクシオはスイートスポットが広く重心を低めに設計

ダンロップのゼクシオは、アマチュアでも打ちやすい設計が施され、簡単に飛距離を伸ばす事ができます。ウッドとアイアン、そしてボールやバッグに至るまで、様々なアイテムをエントリーしています。

私はアイアンの方向性が悪く中々スコアが安定しません。
160ヤードの打ち下ろしショートで、番手をひとつ落とせるとワンオンのチャンスが広がります。
ミドルやロングで右や左に動き回らず、ボギーペースを目標にできます。

ダンロップのゼクシオは、スイートスポットが広く重心を低めに設計し、高弾道で止まりやすいボールが打てるのが特徴です。
行きつけのゴルフショップで試し打ちをさせていただきましたが、ドライバーを構えた時に安心感を感じることができました。カーボンシャフトのドライバーを試し打ちしましたが、ボールを捉えやすく大きくスライスするような事がありません。フェアウェイをキープできる範囲のブレならば大満足です。

ダンロップ・ゼクシオならカーボンよりスチールが好み

店長がダンロップ・ゼクシオのスチールシャフト・アイアンを持って来ました。私はカーボンよりもスチールの方が向いているそうです。
一番使用頻度の多い7番アイアンを手にとって見ると、精悍なデザインに先ず一目惚れです。
試し打ちでは、いつもより弾道が高く約20ヤードも飛距離が伸びています。しかし少し右にブレます。
シャフトをSに換えて試し打ちするとヘッドが真っ直ぐ抜けていきます。
飛距離は約140ヤードあり、ピンをデットに狙ってもボールが良く止まります。

試し打ちの結果がそのままコースで通用してくれる事を祈り、ダンロップのゼクシオ・アイアンセットを注文しました。
次のボーナスがでたらウッドセットも購入する予定です。


関連するレポート