バンカーのマナーとエチケットには特別なものがある

バンカーを苦手とするプレイヤーは多い

バンカーはハザードと呼ばれコンプレックスを抱いている方も多いと思います。
しかし、コースによってはバンカーを狙いに行ったほうがスコアメイクしやすい時もあります。
バンカーには特別なマナーとエチケットがあり、後続のプレイヤーに対する配慮と気遣いも必要になります。

バンカーでのペナルティと罰則

バンカーのマナーは、ボールに近く低くなっている場所から入り、入った場所に同じルートで戻ります。
ボールに触れる事はもちろん、石や枯れ葉などの障害物をどける事もマナー違反でペナルティになります。

ハザード内で打つ前にクラブを砂に触れる事はできません、必ずクラブを浮かした状態でスタンスし打ちます。
ウォーターハザードの場合も同じで、打つ前にクラブを水に浸けるとペナルティです。

足場を固める為、足を砂に沈める事はできますが、手で触れると砂の質を確認したと見なされ2打罰になります。
打ったボールが戻ってきて足に当たったり、身体に触れると罰則が科せられます。

バンカーのエチケットは、脱出した跡をきれいに整地しておく事です。
足跡やショット後をそのままにしておくと、後続のプレーヤーがディポットに嵌る場合があります。
レーキを持っていき足跡とショット跡をきれいにしながら、入った場所に戻っていきます。
レーキはプレイを妨げない場所に置きます。

プレイヤーが何度も打ち直し時間が掛かっている場合は、他のプレイヤーが代わって整地するよう協力しましょう。


関連するレポート

    None Found