ウォーターハザードのマナーとルール

ウォーターハザードの救済ルール

ウォーターハザードは、ゴルフコース内にある川や池などの水辺と周辺に設置されています。
黄色い杭やラインはウォーターハザード、赤い杭やラインはラテラル・ウォーター・ハザードになっています。
ルールでは、どちらも1打罰で救済を求める事ができます。

ウォーターハザードの救済ルールは、ストローク・アンド・ディスタンスで打つ直しができ、ハザード・ラインを横切って入った点とピンを結んだ後方線上にドロップします。

ラテラル・ウォーター・ハザードの救済ルールは、ハザード・ラインを横切って入った点とピンを結んだ後方線上か、ハザード・ラインを横切って入った点から2クラブ・レングス内にドロップします。
ウォーターハザードの方向に飛んだボールが、間違いなくハザードに入ったという確証を得られない場合は、ルール上「ロストボール」になります。

ハザード内のプレイとマナー

ここまでは理解できると思いますが、難しいのはハザード内のプレイとマナーです。
打てそうだなあ、ここは賭けだなあと思う時は止めて於きましょう。
ハザード内では、クラブが水や土に触れただけでペナルティーになり、枯れ枝や石なども動かす事ができず、手を触れてもダメです。
スタンスも上手に取れず、次がOBという事も沢山経験しています。

どうしても打ちたい時は、足が濡れるようであればシューズと靴下を素早く脱ぎ、ズボンの裾をまくってスタンスします。
グリーンを狙うのではなく、一番出しやすい場所に打つのがマナーです。
また、後続が混んでいる場合は諦めて、プレイの進行を優先的に考えるのもマナーです。

ウォーターハザードのマナーとルールは複雑です。
先輩やキャディに最適な方法をアドバイスしてもらい対処しましょう。


関連するレポート